tel.022-703-2117

医院案内Clinic

院長あいさつ

院長あいさつ

院長の日下と申します。
現在猫3頭、犬1頭、亀2匹と生活を共にしています。私は、幼い頃大病を患い2度の開腹手術を受けました。病床では、いつも自宅にいた動物たち(犬、猫、ハムスター、亀、金魚など)から癒しと元気をもらいました。

そんな時、交通事故に遭ってしまったのか…道路脇で人知れず冷たくなっている動物たちを見て「小動物の命を救う仕事に就きたい」「かつて救って頂いたこの命を、今度は命を救うことに使おう」と思うようになり、獣医師となりました。
その思いはこれからも忘れる事はありません。

私たちくさか動物病院は、動物たちにとって辛さや不安を取り除いてあげられる存在であるとともに、小動物診療を通じて皆様の日常が豊かになるように努めてまいります。
どうぞよろしくお願いいたします。

院長:獣医師 日下 智彰 くさか ともあき

経歴
  • ・北里大学獣医学部獣医学科卒
    在学中は皮膚病に関する研究に携わる
  • ・千葉県松戸市日野動物病院勤務
  • ・日本獣医循環器学会入会
  • ・宮城県ウィル動物病院グループ入社
    「若林動物救急病院救急動物病院」
    「矢本動物病院」
    「WaiWaiペットクリニック石巻」
    「泉おおさわ動物病院」への勤務を経験
    主に循環器診療、皮膚病、外科手術を担当
  • ・2018年くさか動物病院開院

獣医師紹介

獣医師紹介

獣医師 日下 野華

経歴
  • ・北里大学獣医学部獣医学科卒業
    在学中は主に犬の膿皮症に関する研究に携わる
  • ・在学中に青森県動物愛護センターにてボランティア活動に参加
    迷子犬、野良猫の保護活動に尽力 
  • ・一般社団法人日本アニマルウェルネス協会認定
    ホリスティックケアカウンセラー オープンコース 修了
  • ・SAE認定 ペット災害危機管理士4級、3級 資格取得
  • ・医療福祉情報実務能力協会認定
    メンタルケアカウンセラー 資格取得

ロゴに込めた想い

イチョウ…長寿、生命力、ハート型

心臓の形で循環器メイン、思いやりを表現しています。
[黄色]:子を愛するかのごとく、皆さまに愛されるような医院となりますように、希望の意味を込めました。

犬猫…動物病院

犬と猫で阿吽、全て言わなくても意思を汲み取れるよう努力する意志を表現しています。
[茶色]:大地に根付く、地に足をつけるという思いを込めました。

円…縁

想いが返ってくることを表現。どんな出会いにも“縁”があると思っています。
縁あって飼い主様と家族になった大切な動物たちを、我々も縁を感じて誠心誠意支えていきたいと思っています。
[紫]:赤は交感神経、青は副交感神経を表し、[紫]はその混色です。神経が興奮状態からバランスの取れた状態に戻ろうとする、自然治癒力が働くときに求める色をイメージしました。

十字マーク…循環器治療

心臓の位置の左に配置して、循環器治療を表現しています。
[白]:清廉潔白に、真摯な心で向き合う思いを込めました。

診療科目

外科

凍結手術(いぼ取り)のような身近なものをはじめ、下記にある手術などの外科治療を行っています。
・乳腺腫瘍摘出術、開腹手術(肝葉部分切除術、胆嚢切除術、腎臓摘出、脾臓摘出術、膀胱切開術、胃切開術、停留睾丸摘出術、腹腔内腫瘍摘出術など)
・歯石除去(スケーリング)
・口腔内外科手術(歯周病、抜歯、軟口蓋切除、口腔内腫瘍摘出など)
・整形外科手術(膝蓋骨・前十字靭帯断裂整復、骨折整復、脱臼整復術など)
・体表腫瘤切除
・その他(鼠径ヘルニア、臍ヘルニア、膿瘍切除、肛門嚢摘出術など)
また、上記に記載のないものに関しましてもお気軽にご相談ください。


避妊・去勢

避妊・去勢手術は、望まれない子犬や子猫を増やさないという目的はもちろんのこと、乳腺腫瘍、卵巣腫瘍、子宮蓄膿症、会陰ヘルニア、前立腺肥大などホルモンによる病気の予防、また、発情に関連したストレスの防止になるといわれています。不明な点やご心配なことがございましたら獣医師にご相談ください。


内科

当院では、ロゴのマークにも思いを込めているように、循環器疾患の治療に力を入れています。また、アレルギー検査に基づいた脱感作療法も行っています。その他にも代謝性疾患、抗がん剤治療、皮膚疾患、など、動物たちの様子に異変を感じられたらすぐにご来院ください。


予防接種

狂犬病、混合ワクチン、フィラリア、ノミ・マダニ予防等の各種予防を行っております。予防することで防げる病気はたくさんあります。大切なご家族の一員である動物達を病気から守るためにも、予防を心掛けましょう。


皮膚科

人間と同じ住環境で生活する動物が増えたことや、動物達が長生きになったことにより、皮膚病に悩む動物たちが増えてきています。アトピー・ノミ・マダニ・食物アレルギーなど、皮膚病の原因は様々です。当院では最初にしっかりとした検査を行い、皮膚病の種類や原因を究明してから治療を開始いたします。


定期検診

言葉を話せないワンちゃん・ネコちゃんは病気の発見が遅くなりがちです。当院では病気の早期発見・治療のためにも、年1回の定期的な健康診断をお勧めしています。病気の早期発見・早期治療につながりますので、是非ご来院ください。


ペットホテル

ご旅行や外出のときなどに、責任を持ってお預かりいたします。大切な家族の一員をお預りするため、ワクチン接種を行っていることが必要となります。ご理解とご協力をお願いいたします。


トリミング

獣医師の指導・管理のもとトリミングを行っていますので、元気な動物たちはもちろん、高齢の動物や、心臓などに不安を抱える動物でも安心してお任せください。

▲ページトップ