診療について

診療対象動物

  • うさぎ
  • フェレット
  • ハムスター
  • ハリネズミなど

対応診療科目

  • 一般内科
  • 一般外科
  • 歯科
  • 眼科
  • 皮膚科
  • 整形外科
  • 腎泌尿器科
  • 循環器科
  • 腫瘍科
  • 神経科

診療メニュー

フィラリア

フィラリア症とは、蚊の媒介によって感染する寄生虫病です。

フィラリア症をワンちゃんの病気だと思っている方も多いのですが、実はネコちゃんやフェレットにも発症します。ネコちゃんの場合、発症率はワンちゃんよりも低いのですが、発症するとワンちゃんよりも重症化しやすい傾向にあるため、薬でしっかりと予防することが重要です。

ノミ・マダニ予防

ノミやマダニは、皮膚炎やかゆみを引き起こすだけでなく、多くの感染症の原因にもなります。ワンちゃんやネコちゃんから人間に感染する病気を引き起こす場合もあるので、注意が必要です。

予防接種

予防接種は、伝染病の予防はもちろん、伝染病に感染してしまった場合に重症化させないという役割もあります。しっかりと予防効果を発揮するためには、子犬のうちから正しいタイミングで接種することが大切です。

健康診断

ガンや心不全などの命にかかわる病気は、早期発見することで回復の可能性が高まります。ワンちゃんやネコちゃんの健康維持のために、定期的に健康診断を受けましょう。

避妊手術・去勢手術

避妊・去勢手術を行うことで、望まない妊娠を避けることはもちろん、生殖器疾患の予防や問題行動の抑制につながります。そうすることで、ワンちゃんやネコちゃんと飼い主様の生活がより快適になります。

外科手術

当院では、乳腺腫瘍摘出手術や皮膚腫瘍摘出手術をはじめ、さまざまな外科手術に対応しております。

ペットホテル

飼い主様の長時間のお出かけや旅行の際は、当院のペットホテルをご利用ください。

衛生・温度管理の行き届いた環境で、朝と夕方にはお散歩をします。食欲や便の様子などを観察して体調管理をしっかりと行います。また、動物病院併設であることから急な体調の変化にもすぐに対応可能です。

ペットホテルについて

持ち物
  • ワクチン証明書

接種して一年以内のワクチン証明書をお持ちください。(狂犬病ワクチンとお間違えのないようにおねがいします)

  • ご飯

普段から食べ慣れているご飯を一食分ずつ小分けにしたものをご用意ください。
ご用意がない場合は病院にあるフードで代用いたしますが、別途でフードの料金をいただく場合がございます。
食物アレルギーやお腹を壊しやすい子は必ずスタッフへお伝えください。

  • 首輪・胴輪・リード

お散歩の際に使用します。(天候が悪くお外でのお散歩ができない場合は、院内に放して自由に遊ばせます)

  • お気に入りのもの

お部屋に一緒に入れたいお気に入りのタオルやベッド、オモチャなどあればご持参ください。
猫ちゃんの場合は普段使っているトイレの猫砂をひとつかみご用意ください。

  • 身分証明書

当院のご利用がなくホテルのみご希望の方は恐縮ですが、カルテ作成とともに身分証明書のコピーをとらせていただきますので、ご用意ください。

ご注意
  • LINE登録をオススメしています

本登録までお済みの方はお泊まり中の動物の様子などを動画や写真でお知らせしております。
アカウント把握のため、①飼い主様のお名前とペット名②お泊まり期間を送信してください。
お泊まり中の対応などに注意点などございましたら、ご連絡ください。

  • 延長料金について

予定をおしてお迎えの時間が営業時間を過ぎる場合は別途延長料金が発生しますので、ご注意ください。

  • お泊まり期間の変更について

あらかじめご予約していたホテルの期間を短縮する場合は、ホテルの2~3日前に前もって連絡をお願いいたします。
直前の変更となった場合は、予定していたホテルの日数分の料金を頂戴いたしますのでご注意ください。

料金表(犬猫同一)

体重 料金
~5.0㎏ ¥1,500
5.1㎏~10.0㎏ ¥1,900
10.1㎏~15.0㎏ ¥2,300
15.1㎏~20.0㎏ ¥2,700
20.1㎏~25.0㎏ ¥3,100
25.1㎏~30.0㎏ ¥3,500
30.1㎏~35.0㎏ ¥3,900

※フードのご持参が無い場合(当院にてご用意する場合)は別途費用がかかります。
※当院での受診歴がなく、ホテルのみ初めてご利用される場合は診察券発行料(¥200)がかかります。
※お迎え予定時間より早くお迎えに来ていただいた場合でも、お預けの際に予定いただいた分の費用がかかります。
※一時預かり、延滞料金に関しましては、当院まで直接お問い合わせください。

ペットトリミング

ペットトリミング当院のペットトリミングは、ワンちゃんの見た目を整えて衛生面を保つだけでなく、動物病院に併設されたトリミングサロンであることから健康状態の確認にもなります。

トリミング中に目や耳、皮膚などに異常が見つかった場合、すぐに獣医師による診察が可能です。また、トリミングの際に獣医師にワンちゃんの健康状態や飼育についての相談ができるので、何度も通院する必要がありません。

なお、トリミングは予約制となっておりますので、お電話または受付にてご予約ください。初めての方は事前に獣医師の診察が必要になります。

トリミングに関する注意点

トリミングは、原則として当院で1年以内に混合ワクチン接種やフィラリア予防をしているワンちゃんが対象です。初めての方は事前に診察が必要になりますので、予約の際にその旨をお伝えください。

※同じ犬種でも、ワンちゃんの体重(体格)によってトリミング料金が若干変わります。また、換毛期の綿毛処理、毛玉の処理、薬浴、耳の中の汚れなどは別途料金が発生いたします。(肛門腺絞り、爪切りは料金に含まれています)

エキゾチックアニマルの診療

エキゾチックアニマル

エキゾチックアニマルとは、うさぎ、ハムスター、フェレット、ハリネズミ、鳥などの小動物の総称です。当院ではエキゾチックアニマルの一般的な診療を行っております。うさぎやフェレットはもちろん、その他の動物に関してもお気軽にご相談ください。

セカンドオピニオン

セカンドオピニオン近年、医療の現場でセカンドオピニオンという言葉をよく聞くようになりましたが、この考え方は獣医療でも取り入れられています。

セカンドオピニオンというと、かかりつけ医や病院を変えることだと思っている方も多いのですが、実際は「主治医との良好な関係を保ちながら、複数の医師の意見を聞くこと」を指します。

飼い主様と動物にとって最も適した治療が何なのかを判断するために、複数の獣医師の意見が役立つことがあります。特に、大きな手術をする際には、手術の方法やそれに伴うリスク、他の選択肢があるのかどうかをしっかり把握する必要があります。そのためには、さまざまな角度からの意見を聞くことが大切です。

現在、他の動物病院に通院中で、治療方針に疑問や不安があるという方、他の治療方法や手術方法について知りたいという方はぜひ当院までご相談ください。

支払い方法

  • 現金
  • クレジットカード
  • 電子マネー(WAON、air pay)
022-703-2117 LINEでのお問い合わせ
一番上に戻る